お役立ちナビ

花粉症の時期や症状・対策について


花粉の時期は?




花粉の飛散時期は花粉の種類によって様々です。
なので一概にピークの時期を言うことはできません。




ただ、日本の場合はスギ花粉・ヒノキ花粉が多いので

花粉症というとこの2つを主に指すと思います。




スギ花粉症の場合は毎年1月を過ぎたころから飛散し始めます

ヒノキ花粉は九州で多く、3月以降に多くなり始めます。

また5~6月にかけてはイネ科の花粉が増え、秋にはキク科の花粉増えてくるようです。




結局、年間を通して花粉が舞っていることになりますね…




ただ、植物の種類が違えば花粉の飛ぶ範囲にも影響があり、スギ花粉は遠くまで飛んでいく傾向にあるようです。

そのため都心部に住んでいたとしても山の方から運ばれてきたスギ花粉に感作する可能性があり油断することはできません。




一方でイネ科の花粉はスギ花粉ほど遠方へは飛散しないため都市部でイネ科の花粉症になる方は少ないかもれません。



スポンサードリンク









花粉の種類よって時期が異なる!?




花粉症は『季節性アレルギー性鼻炎』とも言い、

身体の中に花粉が侵入したことで引き起こされるアレルギー反応です。




この原因となる花粉を飛散する植物は

スギやヒノキが代表的で、その他にイネ・ヨモギ・カモガヤ・ブタクサなどがあるようです。

日本の場合は、スギが多くそのためスギ花粉症の占める割合が高くなっているようです。




植物の種類によって花粉の飛散時期が異なることもあり

特に【季節性】という名がつけられているんですね!




スギの場合は1月以降、ヒノキの場合は3月以降、イネの場合は5~6月頃にかけて流行しているようです。

ただし気象条件によって飛散時期や量がわかるのでそのため地域差も生まれ、

関東や東海ではスギ花粉症が多く、九州ではヒノキ花粉が多い傾向にあるようです。



スポンサードリンク









花粉症の症状




花粉症の症状として代表的なのは『くしゃみ』・『鼻水』・『鼻づまり』です。

年齢や花粉量・暴露時間などの条件によって症状やその程度も様々になります。

鼻のかゆみや頭痛も起きることがあります。




また鼻に現れる症状の他に、目に症状が現れることが多く
『目のかゆみ』・『充血』・『流涙』といった症状もでてきます。
これは皮膚(主に手)や衣類に付着した花粉が、例えば目をこするさいに目に入り結膜でアレルギー反応を生じるために起こります。




皮膚に乾燥やかゆみがある場合、アトピーなどの合併症も考慮すべきです。




また鼻づまりによって鼻呼吸が困難となり口呼吸の数が増えると
口からウイルスが侵入しやすくなってしまうので風邪にかかりやすくもなってしまいます。



スポンサードリンク









花粉症の対策は?




花粉症の対策といえば、やっぱり花粉の侵入を防ぐことが一番です!
メジャーな方法としてマスクの着用があげられますね。
これだけでも、花粉の侵入を70~80%もカットすることができるようですよ^^
これだけでこの効果はでかいですよね!




ただし、しっかり着けないと効果は半減しまいます。
例えば、鼻やアゴが隠れていない、頬のところに隙間がある。最悪なのはアゴに引っ掛けているだけのパターン(さすがに、これは全く意味がありませんね^^;)




マスクはしっかりつけることに気をつけましょう!




またメガネをすることもいいですね。

花粉症対策用の専用メガネもあるのでオススメです。




他には花粉が衣類に付かないようにする工夫も必要です。衣類への付着は静電気によって引き寄せれることがあげられるので、柔軟剤を使用することで、これが軽減できるようです。

また、衣類の素材についても例えばウール生地よりもポリエステル生地の方がツルツルしているので花粉が付きにくいです。




少しの工夫で十分な効果があるので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか?




花粉症で注射!?




花粉症の治療として注射をする方法があるようです。

注射というとかなり効き目がありそうな感じがしますね。




ただし、先に結論をいうと

副作用の問題があるため『ステロイド注射』という方法は

厚生労働省や日本耳鼻咽頭科学会でも推奨はされていないようです。




『ステロイド注射』とはケナコルト-Aを成人1回20~80mg×1~3回筋肉注射する方法のことで

ステロイド薬とは臨床上最も効果を実感できる薬となっています。

もちろん個人差はありますが1回の注射で翌日には症状がほぼ消失し、

1~数週間(場合によっては1シーズン)効果があるようです。




しかし、これで花粉症が完治されるわけではないので注意が必要です。




花粉症にヨーグルト!?




花粉症の対策というと、マスクやメガネが一般的で効果的な方法ですが

最近では『ヨーグルト』が花粉症の対策にいいとして話題になっているようです。




花粉症はアレルギー反応であり、その原因は免疫細胞のTh1細胞/Th2細胞の乱れにあるといわれています。そして花粉症の人はTh2細胞が多くなっているようです。
ヨーグルトの働きとしてはヨーグルト内に含まれる乳酸菌やビフィズス菌の作用によってTh2細胞を抑制する効果があるようです。
花粉症の人ではTh2細胞が多くなっているためTh1細胞/Th2細胞のバランスが取れるというわけですね!




では、どのようなヨーグルトがいいのでしょうか?




ヨーグルトといえば何でもいいわではありません。
ヨーグルトには様々な製品があり、各々に特徴的な体に優良な菌が含まれています。最近の研究では以下に示すものが免疫細胞のバランスを整えてくれると言われているようです。




・1073R-1乳酸菌

・BB536ビフィズス菌

・LG21乳酸菌

・L-55乳酸菌

・KW乳酸菌

・フェカリス菌




…う~ん。なんだか難しくて見るのが嫌になってきましたね(笑)
要するに乳酸菌やビフィズス菌が含まれているものがいいです。
番号はその菌をさらに細分化したものなので、そこまで気にする必要もないのかなという感じです。




ヨーグルトのパッケージに乳酸菌などの菌名が入っていることもありますし
『まもるチカラ乳酸菌』・『リスクと戦う乳酸菌』というようなキャッチコピーが記載されていることもあるので参考にしてみてくださいね♪




どんなヨーグルトを選べばいいの??




乳酸菌やビフィズス菌が含まれているヨーグルトを選んだ方がいいことは分かりましたね。

でも、重要なのはそれだけではありません。




該当のヨーグルトを食べただけですぐに花粉症が改善されるわけではありません。

毎日食べ、数週間なり継続することで効果が徐々にでてきます。

なので継続することが大事になってきますね。




そうなるとヨーグルトを選ぶ時点で重要なポイントは




・おいしいこと

・手軽な値段であること

・手に入りやすいこと(どこのスーパーやコンビニでもあるもの)




こういったことが大事なポイントになってきます。




また、毎日同じ食べ方をすると飽きてしまうので

そのまま食べたり、フルーツを加えてみたり、シリアルで食べてみたり

時にはドリンクにしてみたり少し工夫が必要そうですね。