お役立ちナビ

花粉症


花粉症はその名の通り植物の花粉が原因で引き起こされるアレルギー性疾患の総称です。




原因となる植物としてはスギが代表的でよく聞きますよね。

その他にもヒノキやヨモギ・イネなど原因となる植物はたくさんあるようです。

その中でも日本は杉林の多いのでスギ花粉症の割合が高くなっているようなのです。




もちろん植物によって花粉の飛散時期は異なるので

一概にこの時期と断定することはできませんが、前述の通り日本ではスギ花粉症が多く

スギの飛散時期は1月以降となっているようです。




花粉症の患者数は年々増加傾向にあるようで

現在では国民の25%は花粉症にかかっていると推測されているようです。




もはや国民病ですね。




花粉症 薬




薬局へ行けば、花粉症に対する様々なお薬が売られていますよね!

アレグラ・アレジオンは有名です!




花粉症 症状




花粉症の主な症状は『くしゃみ』・『鼻水』・『鼻づまり』です。




実際に花粉症の方はこれに悩んでいると思いますし

花粉症ではなくとも近くに花粉症もちの方がいると、これに悩んでいますよね。

テレビでもよく取り上げられますし、有名な話だと思います。




また『目のかゆみ』も代表的な症状で

花粉の時期になると目の周りが赤く充血してしまっている方も見受けられます。




花粉症対策




原因は文字通り『花粉』




花粉が体内に侵入してしまうことでアレルギー反応を起こして

上記のような症状がでてしまいます。




つまり『花粉を体内に侵入させない』というのは基本対策になりますね。




となると、呼吸によって体内に侵入するというのが

主な侵入経路となるのでマスクの着用は基本対策になるわけです。




ただ呼吸だけが侵入経路ではなく

衣類や皮膚に付着した花粉が目をこすることによって体内に侵入することもあります。

併せて衣類や皮膚に付着しているので帰宅時にしっかり花粉を玄関先で落としておくことも重要です。

室内だから絶対に平気というわけではないんですね。




室内にいるときは加湿器を使用すると部屋内で浮遊している数が少なくなるので

これも対策になりますね!




花粉症 ヨーグルト




花粉症対策として注目されているのがヨーグルト!

ヨーグルトを食べるだけで対策になるとあって手軽ですし、

しかも健康的なので注目されているみたいですね。




花粉症はアレルギー反応にあります。

アレルギー反応は体の免疫反応が過剰に働いている状態になります。

免疫反応には実に様々な物質が複雑に働きあって成り立っているのですが

その中でもTh2細胞,Th1細胞というのが重要な働きをしています。




ヨーグルトに含まれる乳酸菌はこのTh2細胞とTh1細胞のバランスを整えてくれる働きがあるようです。

ただし、すべての乳酸菌・ビフィズス菌が当てはまるというわけでもないようなので注意は必要です。




乳酸菌は体内にとどまり続けるものではないので

毎日食べるという習慣をつけることが大事になってくるようです。

またあくまで対策なので症状が出る前から始めることも重要なポイントとなっています。