お役立ちナビ

奨学金、奨学金制度、振込日、返済


奨学金は奨学制度に基づいて学生を支援するために貸与または給付されるお金、またはその制度のこと

貸与・給付の目的として『優れた学術研究の援助』があるが、

『優秀ではあるが経済的理由で就学困難なものに対して教育の機会を保障するため』という考えが一般的です。




奨学金制度




先ほども記載したように、

奨学金というと『経済的に困難な状況だから教育するための借りるお金』というのが一般的な

ものすごくざっくりした考えになりますが、




いざ『奨学金制度』について知っているか?と聞かれたら

あまり深くまで理解している方は少ないかもしれませんね。




実際に私もそうでした。




でも、決して奨学金は少額ではありませんし

大事なお金のことなのでしっかり理解していないと

思わぬところでトラブルになる可能性もないとは言えません。




専門家のように詳しくなる必要もないですが

最低限の知識は持っていた方がいいでしょうね。




奨学金 振込み日




奨学金の振込日は毎月11日が基本となっているようですね。




もちろん11日が休日・祝日にあたっている場合もあるので、

そういった場合は、直前の金融機関の営業日に振込されるようです。

当たり前ですが、個人の都合では変更できません。




例えば今年度(平成30年度)の奨学金の振込日は下記のようになっています。




4月:4月20日(金)




5月:5月16日(水)




6月:6月11日(月)




7月:7月11日(水)




8月:8月10日(金)




9月:9月11日(火)




10月:10月11日(木)




11月:11月9日(金)




12月:12月11日(火)




1月:1月11日(金)




2月:2月8日(金)




3月:3月11日(月)




ご覧のように奨学金の振込日は、基本的には毎月11日となっているようですね。

11日が休日・祝日の場合には休前日の金融機関営業日に振込が行われていますね。




4月・5月に関しては新年度初めということで

いろいろな手続きの関係から4月は21日、5月は16日と決まっているようです。

(ちなみに2018年度は4月21日が土曜日なので4月の振込日が20日となっています。)




奨学金 返済




奨学金の返済について

いつから返済がはじまるのか?月または年にいくら払えばよいのか?など

気になるポイントは多いかと思います。




まず返済開始日ですが

『貸与期間終了の翌月から数えて7カ月目の27日』となっています。




普通、学生の期間中借りているという方が多いと思うので、

そうなると3月まで貸与していることになりますね。




そこから7カ月目なので、その年の10月27日から返済がスタートするというわけです。




2回目以降については、その後毎月27日に返していくことになります。




返済額については貸与額によって変化します。

また返済方法も毎月の振込から、ボーナス時には多く振り込んだりと

様々なパターンがあります。